読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらんすゴ習得への道

フランス語、留学、旅行などなどの情報を発信します

〜フランス語歴〜

 

 

 

 こんにちは。初めてブログを書いてみます、某大学の現在2年生のものです!

 

今日はわたしがフランス語を勉強し始めた経緯、どのくらいまで成長したのかなどなど書きたいなって思います。

 フランス語を始めた経緯

 

f:id:nanako234:20161216194756j:image

 

さかのぼること高校二年生。いろんな縁があり、2週間ほど夏にジュネーブへホームステイに行けることになりました。

 

行ってみたのは良いものの、フランス語はBonjour とMerci しか知らなく、英語も得意な方ではなかったので、コミュニケーションにはとっても苦労しました。ホストファザーとシスターは母国語がフランス語やドイツ語に関わらず英語がペラペラだったので、なんとかやり過ごすことはできました。けれど、ホストマザーは英語を習っていなく、全く会話することができませんでした。

 

とっても楽しい旅であったけれど、もっともっとコミュニケーションをしたい!特に一言も会話できなかったお母さんとお話ししたい!そうだ!大学はフランス語を学べるところに行こう!

 

これがわたしがフランス語に目覚めた瞬間です。

 

1年半のフランス語

 

 

大学1年 春

 

abcの読み方を一切知らないところからスタート。週4回のフランス語の授業が始まった。このころは大学中にフランス留学ができればいいなと漠然に考えていた。アテネフランセに週1回通い始め、授業ではある程度できる方になった。

大学1年 夏

 

フランス留学のことなどすっかり忘れる。アテネフランセに通ってたものの、自分にレベルが合わないと感じはじめ途中でやめる。しかし、授業で合格したら、加点されることから仏検5級・4級を勉強し始めることを決意。

 

大学1年 秋

 

仏検5級・4級に合格。フランス語の勉強がとても楽しくなり、やっぱり留学したいなという気持ちが芽生え始める。

 

大学1~2年春休み

大学の交換留学に応募するには、DELF B1が必要なことを知る。飯田橋にある欧明社にDELF B1の本を買いに行く。家に帰って開いてみたらびっくりたまげる。すべてフランス語の説明。筆者が何を求めているのか、どういう試験構成なのかすら分からなかった。

DELFはまだ早すぎると分かったので、仏検3級の勉強に取り掛かる。春休みが終わるころには、3級は受かるだろうと自信を持てるまでになった。

大学2年 春

いよいよダメもとで受ける5月のDELFに向けて本を開き始める。大学の先生に相談しに行ったら、「大学からフランス語を始めた人が、あと半年で仏検2級レベルの資格を取るのは難しい」と言われた。悔しすぎて一人で泣いたのをよく覚ええている。

本を開く前は10点も取れないのではないかと思っていたけれど、1か月の猛勉強のおかげで、35点は取れた。しかし大幅に点数が足りなく不合格。

 

大学2年 夏

6月の仏検準2級に向けて勉強し始める。驚くことに勉強開始のときから、受かるのではないかという手応えをつかむ。DELFの勉強がとても役立たのであろう。特に語彙力が増え、長文などは問題なく読めるようになった。

そして3級・準2級どちらも合格!

 

大学2年 夏休み

友達と2週間フランスへ行く。聞き取れなさに驚愕した。TGVのアナウンスはもちろん、日常会話もままならなかった。とてもショックを受けた。DELF合格にむけて、本当に焦り始める。

 

大学2年 秋

いよいよDELF B1合格にむけて死ぬ物狂いで勉強する。緊張のせいか、自律神経のバランスを崩し、不眠症に悩まされる。いろいろなものを犠牲にする覚悟を持った。アルバイトには頼み込んで、規定の勤務数を少なくしてもらい、大好きなサークルは少しお休みをした。友達からの誘いは謝って、テストが終わってからと言って断った。

 

大学2年 冬

DELF B1に合格!!!心底うれしかった。高校受験の合格よりもはるかにうれしかった。

大学の交換留学に応募する。

 

 

 

これが私のフランス語歴です。なかなか無理をしたりつらいときはあったけど人生でここまで頑張れるものを見つけたのは初めてです。

試験を終えてみて、私がDELF B1に合格した秘訣は2つあります。

  1. 仏検とDELFのどちらも勉強する。

  2. 実際にフランスに行ってみる

DELFを受けたことによって、フランス語力が全体的に上がり、仏検を受けたことによって文法力、細かい活用などを学べました。もしDELFしかうけていなかったら、合格していなかったでしょう。

そして、実際にフランスに行くことにより、自分のできなさを知り、同時にフランス語の美しさを再確認し、もっとフランス語に対して意欲がわきました。

 

 

次回はDELFの当日の試験について書いていきたいと思います!

salut!!